taku-2.png東京:高島平 TEL 03-5997-4649 LinkIcone-mail

旬の創作料理と宮崎の牛、地鶏と選りすぐりのお酒が自慢です

sousaku.png

11月の旬

ホタテ貝

 ホタテガイは寒海性の貝で、能登半島以北の日本海沿岸、千葉県以北の太平洋沿岸、更に千島列島、カムチャッカ半島、朝鮮半島北部から沿海州にかけての沿岸に分布し、主に水深20~30mの砂底で植物プランクトン等などを食べて生息している
images.jpg
産卵期は北に行くほど遅く3月頃から北国でも春となる6月にかけてで、孵化してから4~5年で殻長15cm程に成長する。寿命は10年程とみられる。

images-1.jpg
舟の帆に似た貝殻が、殻を立てて海面を移動するという俗信からこの名がついたといわれています。キリスト教では聖大ヤコブの象徴として扱われています。青森から北海道にかけての波の静かな寒海に住み、特有の香りとあま味を持っています。干したものは「干貝(カンペイ)」と呼ばれ、あわび、いりこ、ふかひれとともに中華料理の「四大珍味」です。
高たんぱくで低脂肪、さらに脂肪を代謝するビタミンB2の働きでダイエットに向く。タウリンはコレステロールを低下させ血圧を正常にする働きがあるので、高血圧や動脈硬化の予防に効く。また眼精疲労を取り除く。ビタミンEも過酸化脂質の生成を防ぐので、動脈硬化予防を強化する。鉄分が増血に働き、ビタミンB12が悪性貧血を予防する。亜鉛が味覚や臭覚の機能を正常に保つ。グルタミン酸が脳の働きを高める。